海外「彼らは世界最高の民族だ」 今も日系人に絶大な信頼を寄せるブラジルの人々

Uncategorized

海外「彼らは世界最高の民族だ」 今も日系人に絶大な信頼を寄せるブラジルの人々

今回は、日系人移民を扱ったブラジル人女性の投稿からです。

1908年(明治41年)以降、約26万人の日本人がブラジルに移住し、
現在現地には約200万人以上の日系人が暮らしています。
ブラジルは世界最大の日系人居住地となっているのですが、
その背景には、日露戦争後の経済の混乱が要因の1つにあります。

日本はロシアに勝利したものの賠償金は得られず、
経済が混乱した事から、農村の貧しさが深刻な状態に陥っていました。
その中で米豪加が日本人移民の受け入れを制限した事から、
日本政府は新たな移民の受け入れ先を探す事に。
その中で向こうから手を挙げたのが、
当時コーヒー園の労働者不足に喘いでいたブラジルでした。

移民の送り出しを行なっていた「皇国殖民会社」は、
ブラジルでの好待遇や高賃金を謳っていたのですが、
実際にはコーヒー園の待遇は奴隷と大差のないもので、
生活苦から借金ばかりが増える生活だったそうです。

やがて、日本人移民同士で資金を出し合い農地を取得し、
集団入植地や農業組合などを形成するようになります。
その後多くの日本人移民が自作農として独立し、
綿や胡椒やジャガイモなどの生産で成功者が続々と誕生。
トマト、ジャガイモ、レタス、にんにくなど、
現在ブラジルで栽培されている野菜や果物などの多くは、
日本人移民の人々がブラジルの地に持ち込み、
品種改良などを通じて栽培に成功した物になっています。

今回の翻訳元では、笠戸丸でブラジルへ渡った、
第一回移民の人々の姿を収めたとされる写真が紹介されており、
コメント欄には、ブラジルの発展に寄与した彼らに対する、
感謝と敬意を伝えるコメントが殺到しています。
その一部をご紹介しますので、ごらんください。

「そのうち世界を支配しそう」 日系人の子供達の高い学力を示す調査結果が話題に

46484846.jpeg

記事引用元
海外「彼らは世界最高の民族だ」 今も日系人に絶大な信頼を寄せるブラジルの人々

タイトルとURLをコピーしました